Home > 雑記 > 保険とかよくわからなかった

保険とかよくわからなかった保険とかよくわからなかった

  • Posted by: tyoro
  • 2011年4月23日 14:31
  • 雑記

ので調べた。



何か実家暮らしなのもあって、昔からそのまま親父の入ってる府民共済だか国民共済だかに扶養みたいな感じで入りっぱになってたんだけど、

今度別の所に変えるから自分のは自分でやれと言われました。


もっともだ。


でもそもそも生命保険とか医療保険とかよくわからないので、回りに人にどうしてるか聞きつつちょっと調べてみた。


まず回りに聞いて分かった事としては。

皆保険はいってない!


何か自動車保険とかと一緒で、とりあえず入っとけ  みたいなもんだと思ってたんだけど、意外に皆気にしてないか、気にしてても後回しとかで入ってないみたい。

入ってる人もとりあえず共済でいいかなーみたいな感じみたいなので、俺も共済でいいかなーと思って資料請求したりしてたんだけど、共済やめとけって言ってくれる人もいたのでもうちょっと調べてみた。


とりあえず生命保険とか死亡した時云々は俺が養ってる相手がいるわけでもないし別にいいか、という感じ。

んで重要なのは医療保険っぽい。

まぁ普通の治療に関しては健保があればいいし、仕事できないようなのになったら労働保険の傷病手当的なのがある。

(個人事業主とかが入る健保には傷病手当制度なかったりするらしいが)

あと高額療養費制度ってのがあって、すげー金かかる治療でも本来の保険適用内の治療なら9万越える分は国が負担してくれる制度があるらしい。


おかねは国が出してくれる.jpg


問題なのは先進医療うける時(保険適用外みたいなやつ)と長期の入院。

入院って1日5000~1万とか金かかるんねぇ、、、


その辺保険入ってると入院してる間月5000円とか1万円くれたり、手術す時に金くれたりってのが医療保険という事で

まぁ今まで生きてきて入院とか幼稚園の頃に怪我で1日入院したのしか経験ないし、手術とかもした事ないしで、まぁ過去にあてはめると使わんのだけど、

保険は転ばぬ先の杖だし、そうも言ってられないよね。

(去年自動車事故おこしたしな、、、


で具体的に保険会社でどういう違いがあるのかを調べてみた、どこを見ればいいのかの指標として。


比較

月額

はい、当然ですね。

手厚くなると高くなります。


支払われる期間

入院時にお金もらえるって書いたけど、色々規程がある。

例えば「入院1日から貰える!」ってCMしてるのとかあるけど、なんでそこが売りになるかというと

例えば府民共済だと『5日以上の入院だと、124日分までは1日あたりにお金もらる』みたいな感じになってる。

府民共済だとこれに医療特約ってのつけると1日目からになるけど、その分月々はらう金も上がる的な。


この期間は病気入院と傷害(怪我)入院と違ったりするのでサイトとかの記載をよく見よう。


手術代

そもそも付かない保険と付く保険があります。

また金額もプランによって段階があったり、10万で固定だったりとかで色々です。

あと、手術でもどういうのを対象にするのかってのも個別差があるみたい。

先進医療だと出ないよーとか出るよーとか、じゃぁ先進医療ってなによー  とかめんどくさい。

(先進医療ってのは健保とかが適用されないっぽいです。)


終身型と定期型

これは何つーか住宅ローンとかの金利の話しみたいなもんだと思うんだけど、

1回入るとずっと死ぬまで同じ額な終身型と10年単位とかで更新するので、更新の度に値段があがる定期型。

(保険は年くってれば食ってる程病気になりやすいという理論から、年くってると入るの高い。自動車保険と逆やね。)


まぁ当然前者の方がいいけど、前者は若いうちだけで比較すると割高になる。

将来金持ちになってからいいのに入るぜ!って人は後者でもいい気はするが、まぁ長期的に見ると前者の方がよさそう。


例えば「俺は50で死ぬぜ!」ってんなら後者の方が得だと思うけど、俺ら何歳までいきるか良く分からんしね。

(まぁ明日死んでるかもしれませんけど!!!


あと住宅ローンと違う所は金利は時代に合わせて増減するが、保険料は定期だと増える側固定なんで、

まぁある程度損得勘定はしやすいでしょう。


悩んでるってfacebookに書いてたら最終的に支払う額が一緒でも、免税的な意味で定額の方が得みたいな話しをしてくれたのでそれも後述します。


払込期間型と終身支払い型

これ説明とか聞いてた時にさっきの「終身型」と同じ単語はいっててイミフだったんだけど、

まぁ整理して考えよう。


ってかこれさっきの終身型の中に2種類あるって感じなんだけど、

死ぬまで金額一緒なのはいいけど、普通に考えると70とかになっても保険払いつづけないといけなくて辛い。

でも払込期間が設定されてるやつだと、払い込み期間まで(例えば60才まで)毎月払っておけば、

60過ぎてからは金はらわなくていいけど、保険の効果は受けれる、みたいになる。

ようは年金みたいなもん。


まぁ当然そういうメリットがある分支払い額は高いので、払い込み期間終えてからも長生きするならこっちのが得だけど、

「俺は60で死ぬぜ!」って人には無駄である。


掛け捨てと積立

何か投資とかの金融商品みたいな扱いになってる保険もあるよね。

掛け捨てはその名の如く、病気にならなくて保障うけなければ掛金は捨てられていく事になる、

積立型ってのは、別に保障うけなかったよーってなった時に金かえってきたりする。


まぁその分高いっす。


共済と他との違い

金かえってきたりするってのだと共済が他の保険会社と違う所がある。

共済ってようは生協みたいなもんで、営利目的じゃない(と建前上の売りがある)ので、皆に保障とかでお金つかった後に出た儲けを加入者全体に返してくれたりする。

20%くらいとか帰ってきたりするみたいなので、まぁそれぞれの地域の共済のサイトとかに過去の払い戻し金一覧とかあるだろうから見てみるといい。


信頼性

んでまぁ、先の事考えると若いうちに入るなら終身型で、なおかつ払い込み期間の設定されたのが良いという感じになる。


でも安くていいよねみたいな感じで選んでて一番怖いのは、その保険会社が倒産した時にどこも保障してくれなかったら、、、っての

銀行倒産したらどうしよう、とか 投資会社が倒産したらどうしよう、ってのと一緒で うっかり会社つぶれると悲惨な事になるので

安かろう  なだけの所はちょっと避けた方がいいのかもしれない(資本的な背景をちゃんと見よう)


『生命保険協会』に所属してる保険会社だと、銀行潰れた時の国の保証みたいに、ある程度はリカバーしてくれるみたい。

(ただしサービス内容が全て保証されるわけではない。)


免税の話し

医療保険も年末調整の保険料控除対象!! All About

まぁ具体的にはここ読んでって感じなんだけど、簡単に説明する。


「終身型と定期型」の所でちょっと書いたけど、若い時だけ安いのは当然歳食ってから高くなる。

でも若い時から死ぬまで一環して同じくらいの価格のやつに入っても、どんくらい長生きするかによるけど総額では一緒になる  みたいなのだったら同じじゃね?って疑問はまぁ理解できる。


でも実は節税の面からだとけっこう違うよってのがこの話し。

リンク先の表みてもらえば分かるんだけど、年間25000円以下だと所得税やら住民税計算する時の総所得金額から全額控除される。

それより多くてもある程度は控除されるけど、額が増えれば増えるほど控除される割合は減っていくので、安ければ安い程いいよね。


若いうちの安い保険料なら余裕で全額控除されるけど、歳取ってから支払いが増えるとこの控除率が減っていく。

最終的に支払う額が一緒でも平均的に払っといた方が得ってのはこの辺が強い。


実際に死ぬまででいくらくらいの差になるかは、控除額の差と税率かけて自分で計算してください。


※なお、この辺は全部facebookでkarikoくんに教えてもらった話しです。感謝!


じゃぁ自分の場合は?

最初は最低限の保障にしといて、結婚したりとか扶養する側に回った時に追加で何か入ると良いと思う。

(まぁ結婚する予定は未来永劫ないんですけど!


で、まず府民共済を調べた。


京都府民共済

他の都道府県は知りませんが、金額とかもだいたい同じっぽい。

基本2000円で、怪我・事故だと5~184日、病気だと5~124日の保障。

一応死亡の手当もあるし、通院やら後遺症の残る傷害だといくら、みたいなのがある。

まぁここ見ろや。 生命共済ラインナップ「総合保障型」 保障内容

+1000円で医療特約に入ると、1~4日までもカバー。

手術代もでるようになるし、先進医療の金が出たり、在宅療養(20日以上入院した後の場合のみ)とかも対応する。

まぁここ見ろっや。 「医療特約」 保障内容


合わせて3000円くらいで、20%くらい割戻しがあるから2400円くらい。


金額が年齢関係なく一律で平和かなーと思ったら60越えたら同じ額はらってても保障が落ちる。

しかも65過ぎたら熟年型って別のプランにしないといけなく値段あがる。

えー。ないわー。


次に大手のサイトをみてみた所、、、金額について全然書いてない!

実際に問い合わせると保険マンみたいな人が来て説明した上で契約迫ってくるんだろうなーと思うと問い合わせる気も起きませんね。


んで最終的に契約したのが


ライフネット

ここです。

何か見積りのページがoperaで動かないのでキレそうになるんだけど。

まぁ何か「そんな払いすぎなくてもいいのよ」みたいな優しさを感じる。

どういう保険会社かっつーと、

日本における生命保険会社のビジネスモデルは、商品を販売するために保険外交員を雇い膨大な経費をかけているが、それをまかなうためには、複雑な商品を作って手数料を上げていかなければならない。その結果、お客様にとっては複雑で分かりにくい生命保険を高い手数料で提供しているということになってしまう。それを解決するための手段として保険外交員をなくした直販のネット生保にすることと、シンプルで分かりやすい商品を取り扱うというかたちで創業した。( wikipedia - ライフネット生命保険 より 抜粋 )

何か熱い!

『他の生命保険会社の幹部からは「余計なことをしてくれた」と怨嗟の声が上がっている』

とか書いててウケる。

まぁ会社側が言ってる事まるっと信用できるかってのはあるので、その辺はちゃんと契約内容を読めばいい。


新しい会社なので大丈夫なのか的な所もあるけど、株主はソニー系のマネックスとかだし大丈夫なのかなぁ、、、うーん、、、

その辺は知識がなくてよくわからん。

まぁ『生命保険協会』には加入してるので、何かあった時もある程度は大丈夫だと思いたい。


でまぁ保障について。

何かlenovoでPC買うみたいに自分でどういう保障つけるかを選択していくと、金額が出るのでこれだといくらって書けないんだけど。

俺の場合。


25才で、入院時の支払いは1日あたり5000円で支払い期間は1日~60日。

手術給付金は10万で、更新の無い終身型。

これで2054円になった。

年間で24,648円なので、税金の控除的にもいい感じですね!!!


ただ気になるのは終身支払い型で払い込み期間が無い点かな。

これこそ若いうちから入ってないと損だよね。


試しに年齢さげていったら1才下げる毎に50円下がっていくんだけど。

20才なら死ぬまで月1800円で保障うけれる感じになるので、ほんと若い人は若いうちに入っといた方がいいねこれ。

(変えたくなったら解約すりゃいいしな。


ここは、他の保険でついてるこれとか無駄だしいらねぇだろみたいな感じで切ってたり、

がん保険とか別に切り分けなくても高額療養費保障制度あるから、その適用後ならいけるいけるとか書いてたりと、

何かと熱いが、他と違う所も多いのでちゃんと約款とか読もう。



後書き

という事で色んな人に助言もらって何とか落ち着けそう。

最初、スヌーピーの飛行船飛ばしてたって理由だけでメットライフアリコ(旧アリコジャパン)にしようかと思ったたんだけど、だめだなー。


そういえば日本生命もスヌーピーのカレンダーとかくれたなーと思ってサイトいってみたんだけど、

一切金額についての言及がないまま、甘い事書きつつ入っとかないと危ないよって煽ってくる。

何か詐欺くせぇ!


ほりたんに言われた「保険会社がなぜあれだけTV CMを打てるのかを冷静になって考えよう!」ってのと、おーつねさんに「情弱税」って言われたのでほんとちゃんとしようと思いました。


俺はもう契約期間開始しちゃったんだけど、何かここおかしいしこっちの方がいいYOってのあったら追記していくので言ってくだしあ。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://txt.tyo.ro/mt/mt-tb.cgi/1115
Listed below are links to weblogs that reference
保険とかよくわからなかった from tyoro.txt

Home > 雑記 > 保険とかよくわからなかった

Search
Feeds
応援

Return to page top